高校生のお駄賃

今年乳児が高校生になりました。
自転車通学のデイリーです。
中学校って高校生とでは、インフォメーション幅や抑圧など、大層変わるものです。
元々、スクールにお財布やスマホを持っていただける。
帰りにちょこっと遠回りも行える。
そういった整備第六感からの新設!
ハローワークが終わり、校舎から出てケータイに電源を入れた乳児は、一層
「もうすぐ蛙(戻るにおいて(笑))」
「何か買って戻る雑貨止まる?」
といった話を送って仕舞う。
さっぱりオトウサンです(笑)
でもその提唱って、窮地~に使えるのです!
買い忘れたものがあったり、これだけほしいけどそのために買い物に出たくない、などというときにそこそこ良いのです。
自宅が続続利用するモールの前のストリートが通学路ということも功を奏して居残る。
おとといは、100円企業で厚紙を買ってきてもらいました。
きのうは、優秀で大根というブロッコリー。
今日は頼むものはありません(笑)
今朝、
「買い物頼まれるの、不快だな、邪魔だな、とか思わない?」
と尋ねてみると、
「否、再度~。ちょっとずつ副収入になるしね。」
って答えました。
え?副収入??
確かに…。
108円の物を買ってきたときは、110円引き取りました。430円買ってきたときは、450円譲り渡しました。
副収入~(笑)
買い物のほかに、乳児の業種として、夕御飯の食器の状況を担当してもらっています。
汚れた食器を食洗入れ物にかけ、手洗いやるものは手洗い始める、というプロセスですが、こちらは、20円/回だ。
クズも積もれば山野となるで、ホワイトボードに書き足していう「公式」の字はずっと引き立ち、気づけば「更に1000円になったよ!」なんてことも!
分量十円で喜んでいただける、高校生の我が自分に・・・
「アリガトウ」ファティーボは太れない?口コミは参考にならない口コミまとめ