運動会で感動しました

今年の赤子の運動会では、開会型で涙が出そうになってしまいました。それは、娘の持ち堪えるカテゴリーを見られたからです。娘は本年から、学園の器楽クラブに入会しました。クラブに入部した理由は、楽曲の教官におすすめされたからという単純な考えでした。私も恋人も楽曲には疎いので、うちのお子さんが間隔にのって熱演できるか滅多に欲望は持っていませんでした。しかも、楽器を決める際にBGMがきちんと出てしまったのか、聞いたこともない楽器のスタッフになってしまいました。その楽器は、ユーフォニウムというらしいです。ネットで見てみると、かなりのがたいで見るからに重そうでした。娘は学年も1,次に小柄なので、そんな大きな楽器のスタッフになったことには打撃でした。部活が始まって2ヶ月くらいは、楽器を持つことに精一杯で、まともに音を出すことができなかったみたいです。娘はクラブから戻ると、悔しさのそれほど涙する太陽がありました。楽器経験のない僕は賢く励ますセリフが見つからず、見つめることしかできませんでした。けれども、運動会の開会型に熱演するため夏休みも相次ぎ、クラブに参加していました。この頃になると、正しく音階が吹けるようになって楽しくて仕方がないという状態でした。こうして、迎えた運動会いま、娘は大きなユーフォニウムを持ち、楽隊の服をきて開会型は現下か現下かと迎えるカテゴリーが見えました。一緒の楽器のお子さん達はうちのお子さんよりも、皆様20cmほども身長が凄まじく楽器を持つカテゴリーがしっくりといった来ていました。入場行進が始まり熱演を始めた我がお子さんは、楽器の重さを支えるためか背中を少々反って、必死に熱演していました。こうしたカテゴリーに感動してしまったのです。娘には、今回のことは実に効く実例になったはずです。頑張って続けて、来年度重なる年下のお子さんを支えて呼べるようになってほしいです。40代にぜひパートナーとして傍らにおいてほしいココマイスターの鞄