虫歯になる子、ならない人

赤ちゃんが産まれてとうとう歯が生えてきたときから、歯磨きとの戦いは始まりました。
赤ちゃんって意外と歯磨きが嫌いで、泣き叫ぶ方を押さえつけて必ず磨くという、はたにあたって怖いパノラマが毎晩のように繰り広げられました。
夫は「そこまでしなくても」って呆れていましたが、こちらは
絶対に虫歯にならないようにという飲料も総じて加えず、何か食べたら断じてお茶を飲ませて口のインナーをきれいにして、どうしても忙しくても歯磨きをかかさずに頑張りました。
そのうち嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになり、自分で歯を磨くようになってからも済ませ磨きを2年生になるまで日毎欠かさずしていました。
それと違ってお互い目の子は、小さい時から飲料は腹一杯飲む、歯磨きしないで寝ちゃう、仕上げ磨きも嫌がって散々になる頃にはしなくなってしまいました。
かといって自分で正しく歯を磨いている様子はなく、歯磨き粉も嫌いで付けないで磨いていらっしゃる感じです。
この子は強要あっという間に虫歯になると覚悟していましたが、2年生になった今年まで検診で虫歯は見つかっていません。
上の方はというと、仕上げ磨きを辞めたとたんに虫歯になり、毎年検診で虫歯を指摘されています。
底というちがって歯磨きちゃんとしてるのに、、、
赤ん坊の時に口の中に大人の虫歯バイ菌が入ると虫歯になりやすいってそれほど言いますが、それを気を付けていたのも上の方の自分だ。
うまれつき虫歯になりやすい手法って、なりにくい手法っているんですか。
虫歯にならないように必死になっていた事が、わずか悲しくなります。クリアハーブミスト!頭皮の臭いをとれる商品おすすめは?