歯は減ることはあっても、上がることはない。

歯は大切にしなければいけない。
そういう当たり前のことが出来ないまま、30階級を迎えようとして生じる。
大変歯磨きをするという法則が根付かなかった娘時代のままティーンズ、20代って続き、そのせいで自分の奥歯は上の2つも下の2つも虫歯になってしまい、痛くなるまで歯医者に行くことも無かったので、厚みばっか無かったり銀歯になったりしてしまって残る。
他にも小さな虫歯が出続けては完全に痛くなるまで歯医者に行くことも無かったので、己の口内情況はひどい状況になっています。
歯茎の血色も悪いし、ほとんど口臭のダウンにもつながって増える。
毎食後5パイ弱の期間でこんなに痛みを感じることは無かったし、治療費だってないがしろにならない。
何ごと歯医者で痛い目を見ても、歯磨きの法則を配置させなかった自身を恨みたい。
最も恐ろしいのは、スキルの足りない歯医者に出会ったことです。
麻酔が効かない、見当違いのところを傷付けるなど…
そんな事になってしまったのも均一自己責任だ。

歯は乳歯が取れて以降は営み新しいものは手に入らないのに、それを清潔に保つコンポーネント無く、見逃した結果です。

歯は悪くなることはあっても、すり減ったパイはもう戻って欠ける。
なので真実って向き合って20代末日は毎食後磨くようにしている。
できるだけ早くに気付くべきだったのだが…

自分には、先日生まれたばかりの娘がある。
自分のお子さんが苦情を分かるようになったときは歯を磨く業者の大切さをどうしても教えて毎日の法則にさせるつもりです。息ピュアってamazonでも買えるの?