歯が痛くなったら決して虫歯ではない?!

小さな辺り大嫌いだった歯みがきですが、大人になり歯医者でアルバイトをしたことをきっかけに、大好きになりました。
手動は虫歯になりやすい伝統だ!というはからずも思い込んでいたのですが、虫歯になったのは専ら歯みがきができてなかっただけと気づき、後、歯みがきは、歯ブラシだけでなく歯間ブラシ、ワンタフトブラシ、フロス、を歯の凹凸や隙間に合わせて活かし、歯みがき後にはリステリンやフッ素の洗口液をつかうなど、家族に「いつまで歯みがきしてるんだ!」といったあきれられることもある傍、歯みがきに熱中していました。(今はいささか落ち着きました。ですが必ず歯ブラシというフロス、洗口液は欠かせません。)

こうしたある日、昼過ぎにおやつのチョコレートを食べていると、奥歯がずきずきといった痛みだしました。危惧は深く、歯の奥の者までズキズキといった痛み、10秒くらいは続いたと思います。びっくりしました。「これ程歯みがきを頑張っているのに、大事な奥歯が虫歯になってしまった…。」びっくりでした。それまでは虫歯ができてもなおせば良いやとしていたのに、その時の僕は歯の一本って手法の指の一本を同じくらいの稼ぎに感じてあり、果たして何がいけなかったのかという落ち込みました。それから服する度に何度も危惧は出て、僕はこれは虫歯だと宣言しました。
急いでレントゲンを撮り、師範に歯を診てもらい、さぁいよいよ削られる!として覚悟を決めたのですが、「うーんこれは虫歯じゃないねぇ~。」と思ってもみなかったCMをかけられました。びっくりしました。とともに「だったらこの危惧はなんです!」って不安になりました。
結論から言うと歯根膜炎はでした。歯根の歯根膜という部分に炎症が起きているというのです。炎症が起きた原因は咬み合わせとのこと。奥歯の上の歯って下の歯が激しく咬みあっていて、そこをすこしとどめるといったなおるよって、がりがり削られました。
虫歯の診療とは違い、危惧もなく一瞬で終わりました。こんなので案の定あの危惧が干上がるのかという不安で仕方ありませんでした。本当は虫歯なのでは?!といったその時も依然としていくぶん疑っていたのですが、後危惧は徹頭徹尾なくなりました。それ以来そっちの歯医者に通っています。ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは楽天がおすすめ!もっとお得な情報はこちら