昔からの心配

50代の女子です。
一度も歯医者にかかったことがないとか、虫歯が一本もないとか。
世の中にこんなヤツがいるなんて信じられません。
昔から、歯には多々悩まされてきました。
極端に噛合が小さいわけではないし、ハミガキをサボったわけでもないのに、虫歯になりやすいのです。
毎食後のハミガキを欠かさないのに何故?歯の質が悪いのかという真剣に悩みました。
それから歯の黄ばみです。
お茶を飲むのはそれほどランチタイムの時だけなのに、着色不衛生が際立ち、思い切って笑えない近くです。
お茶を飲んだ後は、ハミガキ前にやにわに水で口をすすぐようにしているもののです。
3カ月に一度、歯科の定期検診においていますが、その間には茶色っぽく変色しています。
ちっともタバコのヤニ不衛生のようで照れくさいです。
歯医者には「相当お茶が好きなの?」と聞かれるほどで、
「こんなにも着色不衛生が付くヤツも珍しい」と言われ、風貌から火が出るほど恥ずかしい感じをしました。
せっかく控える老後生活に向けて、歯の壮健は要所だ。
ランチタイムを賢く食することは予めの活況になりますし、良く噛むことは臓器の健康にもつながります。
こうして脳への口説きも大きなものがあると思います。
発見症を患う義父を見ていて、遅まきながらそんなふうに感じます。
義父は総入れ歯で、年齢を重ねるごとにそれが合わなくなり、四苦八苦しています。
消化できないことは、動き不良と同じぐらい脳の関連を妨げているのだと思います。
多々不安はありますが、いのち自分の歯で食することを目標に、
大切に付き合っていきたいと思います。
ホワイトニング効果のある液体ハミガキで口をすすぎ、普通のブラシで歯茎マッサージ。
次に電動歯ブラシで全体をブラッシングし、デンタルフロスとして完了。
今はこんな手順でのケアですが、もう少し五里霧中は続きそうです。歯を白くしたいのにどうしたらいいかわからない。そんなにあなたに一から説明します。詳しくはこちら