今日もお子さんの茶目に翻弄されてある

 「今日も3歳の女児を自宅で育てて起こる。パパは自分が過熱す
る部屋の散らかしをはじめ、そこに居残る様々な物を触って開けたり、
また上述に落書きをします。ですので、綺麗な部屋を維持するに
は、分のチャンスといったエネルギーが必要です。」
「子育てには妥協することが多いですが、対象の子のことに対
してだけでなく、その周りの環境にもそれを当てはめないと、ひとつひとつ
が疲れ果ててしまうこともあります。幼児を育てていると心の違いが
広がってゆく気がするのは、そのためだと思うんですね。」
「また、何度も心が折れそうになりますが、その度に直ぐに自力で立
ち直らないと子の伸長についていけません。ひとつひとつを労わるチャンス
などは少数ように思います。そのため、元々わずらわしさ
を防ぐことも必要です。」
「例えば、身なりのわずらわしさを防ぐコツは、倉庫部屋を1つつ
くり、幼児の就寝前30ヒットに散らかったものを常時必要なという以上、
累計その部屋にまとめて混ぜる。定位置に制するのは休日など
にすることですね。」
「けれども数多くの時とエネルギー、物体が犠牲になるのは避けられない
ので、それらを惜しみすぎずその経過を楽しむだけの余りも持ち合
わせていたいです。幼児とともに軽食作りなどをすれば、たった
の散らかりはあれど、輝くチャンスをシェアできます。」
「今しがたは豆乳蒸しパンを一緒につくりました。ふる里はチラホラ飛び
散りましたが、めっぽうおいしくできその経過も楽しめました。」「おぐねー」が教えてくれるメンズファンでとは