お子さんの仕上げ歯磨きに苦労して生じる

2カテゴリーの赤ん坊が近頃イヤイヤ期なのか、以前は楽にさせてくれていた仕上げハミガキを、どうしてもさせてくれなくなってしまいました。

自分では願うようで、食後は進んでトイレに行きます。
そして踏み台に乗って鏡を見ながら、水の入ったコップを片手に歯ブラシをクチュクチュしています。
その切望は尊重したいですし、装いはとても上手で良いのですが、磨くというよりは、歯磨き粉をただ吸っていらっしゃるだけで、からきし磨けていません。

気が済むまでさせた引き返し、私の膝の上に眠る系統誘うのですが、これがうまくいきません。
どうしても寝かせるという、歯を食いしばってニヤニヤし、磨かせようといったしません。
微笑みながら座敷中央を逃げ回り、完全にプレイになってしまっています。
最終的に、踏み台の上に立ったまま海老反りになった乳幼児を、我々が膝って左腕で支えながら仕上げ磨きをする、というのが最近のパターンになっています。

ハミガキに1時期ほど掛かることも頻繁にあり、夜は私も疲れて来ているので、どうにも厭わしいものがありました。

それがちょい改善する事態がありました。

目下、フッ素塗布につき、なんとか歯医者に行ったのです。
動く椅子を怖がりながらも、確実フッ素を塗ってもらい、甘かったのか赤ん坊は上機嫌でした。
そこで虫歯のムービーをみせてもらったのですが、それが赤ん坊には落胆だったようです。
悪い虫歯で、歯が黒くなり仕掛けが空き、ボロボロになって起こるムービーでした。

これまでカタチなどで虫歯の言明はして来ましたが、虫歯は虫歯黴菌人材の挿画しか見たことがなかったので、ムービーのリアルさにショックを受けた系統でした。

そうしたら覿面に虫歯を怖がるようになり、仕上げハミガキの押し問答は続きながらも、時間は始終掛からなくなりました。

歯医者に、仕上げハミガキは10カテゴリー近くまでは続けた方が良いと言われ、私も納得でしたが、赤ん坊のために頑張って続けたいと思います。マイナチュレシャンプーで頭皮の臭いが気にならなくなったのはこちらで紹介しています。