あたいが会った強烈な院長

キッズもおとなも歯医者が嫌悪という人はともかくいると思いますが、あたいが昔に体験した虫歯加療は、今でも強く印象に残るほど、苦々しいトライでした。

行きつけだったそれの歯医者は、院長が怖い申し込み著名でした。クラスは30代価奴隷~40代価ぐらいでしょうか。色白でメガネをかけてあり、身体も細かったのでカマキリという仮説を有するのを覚えています。
本当に加療が始まるという、恋人の持つ武器は勢いを増します。
「ほら、こちら虫歯になってる。きちんと磨かないからこうなるんだよ」
「心から口激しく開けて!相変わらず開けられるでしょ」
「舌引っ込めて、舌!何回言えば分かるの!そんなカンタンな会社」
それは諭すというよりも、幾分は怒るようなムードでした。助手の妻部下の人間はトータルきめ細かいのに、院長独力がそんな感じなのです。
当時あたいは依然5クラスぐらい。あたいは泣くまいという必死に持ち堪えましたが、ガマンできずに、ツーといった涙が頬を伝わりました。
でも加療中頃なので泣きじゃくるわけにもいかず、口は開けたストリートさらに耐えていました。
その傾向を見ていた妻の部下の方が、タオルを持って来てこそこそ涙を拭ってくれました。
加療も痛かったけれど、キツい反発をされたのが驚きでした。妻係員の優しさが、せめてもの救いでした。

その後も行く必要に迫られて何度かそれの歯医者に行きましたが、院長の行動は依然そんな感じでした。
開口一番「何でこんなになるまで放っておいたんだ!」というときは、小学校高学年の位で、その頃はさすがに少しは免疫が付いていましたが…。

キッズが嫌いだったのか、なんだったのか分かりませんが、私の兄に至っては、院長に「二度と口物凄く開けなさい!」といった速くビンタされたこともあるそうです。(今日大スゴイと思いますが)
それでも「他の歯医者の方がいい」という渋るキッズを前に、父兄は原則それの歯医者に連れて言うので、こぶしは確定だったのかもしれません。

あの院長の仮説が強烈だった申し込み、今はいつの歯医者をめぐってもトータル温かいなぁと感じます。でもあの渋いトライがある以来、できれば更に歯医者は行きたくないですけどね。私の友達が産後の抜け毛ひどくて悩んでいたけど最近明るいんだよね。なぜかと思ったらマイナチュレっていうのがポイントみたい